ニキビ跡治療

ニキビの特性を知る

ニキビの発生には食生活の課題が関係する

大人ニキビに悩む方は少なくありません。顎周りをはじめフェイシェルどこにでも、人目に付く場所に発生するだけに悩みは深く、自己流のケアで試行錯誤していることも多いそうです。


しかも自己流のケアのおかげで症状が悪化するという事例も少なくないようです。


ニキビは問題のある生活習慣や体内でのホルモンバランスの変化などの影響で、
皮脂が増加し肌が乾燥することに直接の原因があります。

基礎代謝の元になる栄養素は食事からとりいれることをふまえれば、
ニキビの発症に食習慣が影響を与えているのは明らかで、ニキビ治療を進めるにあたっては
食事内容の見直しなど食事療法も併用することが必要不可欠です。

食習慣


えてしてスキンケアの中身ばかりに焦点があてられがちですが、
日頃の食事の栄養バランスがニキビ発症を促していないのかをチェックする視点は重要と言えます。


そこでニキビ治療を進める上で注目を集めているのが、リコピンを摂取することです。
リコピンはビタミンAに含まれる成分で、赤色の見た目の野菜に豊富にふくまれています。


皮膚や粘膜など代謝が頻繁に起きる部位での、細胞の若返りに大きな影響を与えると見られており
免疫機能維持のうえでの重要な機能を担っています。

ニキビ治療に積極的に取り入れたいビタミンとは


ニキビ治療では内服薬の服用や軟膏の塗布などのニキビそのものの原因菌の殺菌や
炎症を沈静化させる治療に、保湿や洗顔などのスキンケアを併用して進めるのが一般的です。


しかし中にはこれらの標準的な治療の甲斐もなく、発生を繰り返したり慢性化することが珍しくありません。


スキンケアや治療薬などのケアで思わしい効果が見られないときには、
食習慣の改善を検討してみることをおすすめします。


実際にニキビ治療をより効果的にする食材もあれば、逆に悪影響を与える食材も存在しています。
まずトマトに配合されるリコピンをはじめとした各種のビタミンは、ニキビ治療の際にも
積極的に食事にとりいれることが推奨されています。


果物や生野菜に豊富にふくまれるビタミンCは、代謝を活性化し
表皮を健康に維持する上で重要なだけでなく、免疫機能を活性化し
皮膚のバリア機能を高める働きがあり、効果的なニキビ治療に有用なビタミンです。


またたんぱく質を退社し真皮層のみずみずしさを維持する上では、
豚肉などに豊富なビタミンB群も抑えておきたいところです。

ビタミンの効果
便秘による腸内環境の悪化は、肌にも悪影響を与えます。
食物繊維を自然な形で取り入れるならキノコ類や海藻類を
意識的に食事に取り入れるのがおすすめです。