ニキビ跡治療

まずは体質改善から

 大人ニキビは数々の複雑な要素が絡み合って発症することが多いものです。その中でも大きな要素を占めるのがホルモンバランスの変化。

 

仕事でのストレスや脂分の多いものばかりを口にする食生活、それにアルコールの多量摂取、喫煙、睡眠不足などといったものがホルモンに与える影響は大きく、顔の表面に通常よりも多い量の皮脂が生じて、毛穴を塞いでしまいます。

悪習慣


ニキビ治療のために欠かせない体質改善のひとつとしては、
これらの生活習慣を改善することからはじめなければなりません。

 

また、女性は生理周期によるホルモンの乱れも生じてしまいます。
生理周期を基準としてその前後でホルモンは大きく変化します。
また、妊娠や出産といったことがホルモンバランスを大きく乱します。
こうしたことによって、肌は影響を受けます。

 

そしてニキビなどのトラブルが起きてしまうのです。

 

そして加齢と共に顔が乾燥しがちになるのを防ぐ為に、常に保湿剤などで水分を補給すること。
実は乾燥はニキビの原因でもあるのです。
乾燥とニキビは正反対のものだと思われがちです。
確かにニキビは過剰な皮脂によってできてしまいます。

ですが乾燥がひどくなると肌が潤いを守ろうとして過剰に皮脂を分泌してしまうのです。
乾燥しているのにニキビができていまうという人はこれが原因です。

ニキビを引き起こす

 

これによって肌が潤いを得て、ニキビの出来にくい体質が培われていくはずです。
つまり ニキビ 治療予防となるのです。

 

乾燥肌の人はにきびができないと思っている方がいると思います。
ですが、乾燥によってにきびができることがあるのです。

潤いが不足した乾燥肌では肌がこれ以上の乾燥を防ぐために過剰に油分を分泌してしまうのです。

それによってにきびができることがあります。

また、体内に肌トラブルを修復しやすいビタミンBを取り入れることで体質改善が得られることもあります。

サプリメントなどの手軽な方法を駆使して身体の内部からもニキビ治療に務めたいものです。