ニキビ跡治療

ニキビの特性を知る

色素沈着になった背中ニキビの改善方法

顔にできるものだけではなく、背中にもできやすいニキビに悩んでいる人は多くいます。

 

普段はあまり人から見られることのない背中ですが、一度ニキビができてかゆみや痛みが出たり、触ったり掻いたりするよって悪化してしまうと、跡になってしまうことがあります。

悪化した背中ニキビ

 

色素沈着を起こしてしまうと改善するのに時間がかかります。
背中ニキビができにくくするように、汗をかいた服はすぐ着替えたり
清潔に保つことが大切です。

 

そして色素沈着を起こした場合は保湿と美白でケアをすることです。
シミと同じようなケアで、ビタミンCなどの美白成分が配合された化粧品を使用します。


背中ニキビや跡は一度できるとすぐに治るものではありません。
諦めずに毎日根気よくケアを続けていくことが大切ですが
悪化している場合は皮膚科などで治療をするのも一つの手です。

 

ニキビ跡には病院でレーザー治療


ニキビ跡には自宅で行うセルフケアだけでは対応できない症状の場合もあります。

クレータータイプのものや炎症がひどいときには、病院で受けることができる
レーザー治療が効果が高いとされています。

クリニックでできる治療


肌には元来ターンオーバー機能というものが備わっていますが、
これは肌の表皮で行われるものですので、真皮や皮膚組織の
炎症までは改善できないと言われています。

 

病院でニキビ跡の治療に有効なレーザー治療を受けるときには
使用される医療機器や施術を行う医師の技術によって
効果が大きく異なります。


治療法として多く用いられているものに、フラクショナルレーザーがあります。

ニキビ跡の治療として最も有名なもので、肌の表面に照射することで
小さな穴を無数に開け、皮膚細胞の活性化を促して
生まれ変わりをさせる治療法となります。


肌組織の細胞分裂が行われることによって、コラーゲンの生成が行われて
クレーター状になっている肌を再生させる効果があります。


背中のニキビは自分の目で確認し難い分、別の病気である可能性があっても
見落としがちな部分でもあります。


少しでも異変に気がついたら、自己判断で放っておいたり間違った対処を続けたりせず
まずは相談だけでも早めに医師に行くのが賢明だと言えるでしょう。